‘工業技術科’ カテゴリーのアーカイブ

第57回岡山県測量競技会 兼 第21回高校生ものづくりコンテスト全国大会(測量部門)中国地区予選会 兼 第38回中国地区測量技術競技大会(平板・水準測量)予選会

2021年7月29日 木曜日
(3年生:高校生ものづくりコンテスト(測量部門)の競技中の一コマです)

(3年生:高校生ものづくりコンテスト(測量部門)の競技中の一コマです) 黄色い器械がトータルステーションと呼ばれる測量器械を使い五角形のトラバース測量の様子です。五角形の内角と距離を測定し閉合誤差と閉合比まで求める競技です。

工業技術科3年次生 校外学習

2021年7月7日 水曜日

事前説明で、JFEスチール(株)西日本製鉄所に新見高校の先輩達が数多く働いている事を教えてもらいました。

事前説明で、JFEスチール(株)西日本製鉄所に新見高校の先輩達が数多く働いている事を教えてもらいました。
世界一大きい鉄板の前で集合写真。パシャッ。
総社市の砂川公園昼食休憩
キャンプファイヤーの跡地にて
ヒルタ工業株式会社(吉備工場)の玄関前にて
事前説明会で会社の規模や自動車部品の製造個所を教えてもらいました
末政川の堤防嵩上げ場所にて
末政川の橋梁工事場所にて

工業技術科3年次生が校外学習に行ってきました。2年次生のときはコロナ禍によりこのような学習機会が失われてしまいましたが、今は感染状況が落ち着いており、かつ進路決定のこの時期になんとか見学に行くことが出来ました。 午前中はJFEスチール(株)西日本製鉄所(倉敷地区)を見学させていただきました。広大な敷地内をバスで移動し、「圧延」の行程を見学させていただきました。真っ赤な巨大な鉄の塊がどんどん薄く伸ばされていき、その熱気と轟音に圧倒されました。また、工場の外は常に多くの車が行き来していましたが、工場内は作業者を全く見かけず、そのギャップに驚きました。 午後はヒルタ工業株式会(吉備工場)を見学させていただきました。自動車部品の製造を行っている工場で普段見ることが出来ない大型プレスや溶接機・加工機・組み立機などが数多く稼働していました。そんな機械の中を大きな産業用ロボットが素早く正確に製品の投入・搬出を行っており、徹底して無人化を推進しているのを目の当たりにして生徒達の想像する製造工場とは違っておりみんな驚いていました。  最後に西日本豪雨災害で堤防の決壊や越水等により大きな被害を受けた小田川沿川の末政川の堤防・橋梁工事の現場見学をさせていただきました。土木工事は大変な手間と時間と費用が必要で、2度と災害を起こさないためにと取り組んでいる事業を見学させていただき災害に対する意識が向上したようです。

今回、新型コロナウイルス感染予防に努める為に、移動は大型バス2台に分乗し、さらに見学現場でも各班に分けるなど密にならないよう苦心しながらの見学でした。来年以降の後輩達はみんなで揃って見学が出来るといいですね。 最後になりましたが、お世話になりましたJFEスチール(株)西日本製鉄所様、ヒルタ工業株式会様および岡山県備中県民局建設部河川激甚災害対策班の皆様、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

機械保全技能検定の補習を 頑張っています

2021年6月15日 火曜日

国家検定 機械保全技能検定を6月20日(日)に控えて、受検希望者が補習を受けています。 この検定はモノづくりに欠かせない設備のメンテナンスで、その技能を証明する国家資格です。この資格を取得することにより、設備のメンテナンス業務で必要となる幅広い知識を身につけることができます。 まずは機械保全技能士3級を全員合格目指して頑張っています!

電気工事士上期筆記試験 補習も追い込みです。

2021年5月27日 木曜日

今年も恒例の第2種電気工事士の補習を行っています。法令や計算など大変な範囲と量ですが、5月30日(日)の筆記試験日を目前に控えて 過去問を中心に勉強をしています。特に2年次生は3年次生に比べると電気の関係知識が少ないので大変ですがみんな頑張っています。 筆記試験合格者は7月17日(土)の実技試験にチャレンジします。 全員合格目指してがんばろう!!

技能検定 普通旋盤3級の実技試験の補習を頑張っています!!

2021年5月17日 月曜日

工業技術科_新年度スタート

2021年4月20日 火曜日

新年度の実習が今日からスタートしました。 今年度は岡山工業と津山工業から新しく二人の先生を迎えて、よりパワーアップをして頑張ります。乞うご期待!

三年次生の実習終了後に記念写真をパシャ

表彰式(工業技術科)

2021年3月3日 水曜日

 今年度は職業教育技術顕彰8名、工業教育技術顕彰7名。ジュニアマイスター技術顕彰 ゴールド1名 シルバー7名 ブロンズ8名の被顕彰者を出すことができました。みなさんの日頃のたゆまぬ努力の結果です。この成果を自信として立派な社会人になってくれるでしょう。 がんばれ未来の工業人!

第二種電気工事士の合格者が取材されました

2021年2月18日 木曜日

 2月17日(水)に第二種電気工事士の資格試験に合格した工業技術科2年次生の5名が備北民報さんから取材を受けました。苦労した事や、将来の事など色々と聞かれていました。

  詳しくは備北民報をぜひご覧下さい。

技能検定 普通旋盤3級の実技試験

2020年12月24日 木曜日

 12月22日(火)に技能検定 普通旋盤作業3級の実技試験があり、本校からは2名が受験しました。

 この実技試験はφ60×115mmとφ60×55mm(φ25の穴のあいたもの)のS45Cの材料に、内外径削りやテーパ削り等の切削加工を行い、 はめ合わせのできる部品を製作する技能を問われる検定になります。実習でも旋盤は習いますが、検定に合格するためには多くの練習が必要になるので早い時期から補習を頑張って今回チャレンジしました。  

 この次は学科試験が2月11日(木)にあり、合格発表は3月19日(金)になります。なお、ジュニアマイスターのポイントが12ポイントとハードルの高い試験です。

この材料を・・・
0.01㎜の精度にこだわって加工します!!

高校生ものづくりコンテスト(溶接作業部門)岡山県大会

2020年12月24日 木曜日

12月19(土)に工業技術部の1,2年次生の女子2名がアーク溶接の技術を競う溶接技術(圧力容器)競技会に参加しました。美しく、壊れない容器を溶接したものが勝ちます。県内28名の生徒が参加し、今年はコロナの感染対策で作った容器の圧力試験を見守ることが出来ませんでしたが、高圧力に耐えられる容器を作るために部員は日頃から遅くまで練習をしてきました。結果は12MPaまで圧力が上がりましたが最高順位は10位と少し残念な結果になりました。来年リベンジしたいですね。

一年次生が初めてチャレンジしました。
二年次生は去年に続いてのチャレンジです。去年は 圧力を上げられなかったのですが今回は・・・?
今回は無事12MPaまで圧力が上がり、容器が膨らみました。バンザイ!
お疲れ様でした。最後は記念写真でパシャリ。