‘生物生産科’ カテゴリーのアーカイブ

全国和牛能力共進会和牛審査競技会「高校生の部」

2017年9月7日 木曜日

和牛審査競技会「高校生の部」

全国和牛能力共進会審査会場

 

9月7日から11日まで、宮城県仙台市の「夢メッセみやぎ」を会場に、第11回全国和牛能力共進会(第1回は岡山県開催)が開催されました。5年に一度開催され、『和牛のオリンピック』と呼ばれており、その中の和牛審査競技会「高校生の部」に、新見高校生物生産科2年次生が岡山県代表として参加しました。日本中から各都道府県を代表する高校生41名が集まり、4頭の和牛の比較審査を行いました。残念ながら表彰される上位5位までに入ることはできませんでしたが、和牛全共を目の当たりにし、これからの家畜審査競技や岡山県畜産共進会に向けて、本校の牛たちの調教にも力が入ります!!!

ドナドナNO.4

2017年8月25日 金曜日

出発の朝に、最後の手入れをしました。

不安そうに「どこ行くの?」という目をしています。

 

ドナドナNO.3で牛舎を旅立っていった母ウシ「ふくゆき」号の仔「雪丸」が、今日牛舎を旅立ち、仔牛のセリ市へと向かいました。どの牛も、出発の時には、乗せられたトラックの上からこちらを見つめる不安そうな目に心が痛みます。あまり嫌がりもせずトラックに乗った雪丸も、お母さんと同じく、「どうして? どこ行くの?」という目でこちらを見つめていました。雪丸、ありがとう!!!

佐用高校来校&仔牛の近況

2017年8月18日 金曜日

3頭乗りを披露した牛たちと記念撮影

畜産班のメンバーにかわいがられてすくすくと・・・

 

お隣兵庫県の県立佐用高校から、先生お二人と生徒の皆さん4名が本校の牛たちを見学に来られました。9月7日に開催される第11回全国和牛能力共進会和牛審査競技会「高校生の部」に県代表として出場される生徒さんもおり、飼育している肉質系の兵庫県の但馬牛と比べて、増体系の岡山和牛を見て学習されていました。牛の碁盤乗り(3頭乗り)を披露した畜産班のメンバーにもこの和牛審査競技会に出場する生徒がおり、いい刺激を受けて、「勉強して、がんばるぞ!!!」と闘志を燃やしていました。
牛舎の中では、8/9にやっとのことで生まれた大きな仔牛(?)は、生まれたばかりですでに51kg(6/11に生まれた「ふじはる」号は31kgだった・・・)もあり、生徒たちになでられ、かわいがられ、すくすくと成長中です!!!

畜産豆知識:肉質系の牛とは、「さし」のはいった肉質に優れる牛、増体系の牛は、体型が大きくなる牛です。遺伝的には、肉質を追求すると体型は小さくなり、増体を追求すると肉質が下がるという、相反する形質です。

仔牛誕生NO.3

2017年8月9日 水曜日

仔牛誕生後はすぐに全身をなめて乾かしてやるお母ちゃんのはずが、起ち上がれず、それでも座ったまま仔牛をなめてやるけなげなお母ちゃんウシ。

仔牛はお乳が欲しい!から、お母ちゃんに起ち上がってもらいたい。でも疲れたお母ちゃんウシはちょっと一休み。

 

今回も長~い「まちぼうけ」の末、やっと仔牛誕生! しかも、予定日を2週間も過ぎ、これ以上長引くと胎仔が大きくなりすぎて難産の危険があるため、獣医さんに注射をしてもらって・・・だったのに、とっても大きな男の仔で、4人がかりで引っ張り出すという難産の末に、8月9日午前4時、やっとやっと誕生しました。
お母ちゃんウシも難産が影響してしばらくは起ち上がれず、仔牛もなかなか起ち上がれず、初乳を飲むのも下手で・・・と、なかなかに大変な仔牛誕生でした!

仔牛の生産検査

2017年7月24日 月曜日

「あれっ? 今チクッとしたよ!」
あっという間に注射終了! さすが獣医さんの早業!!!

 

「満天」号と「ふじはる」号が生産検査を受けました。鼻紋を取って、身体に異常がないか触ったり、口の中を見たりしました。
その後、「雪丸」号、「ひなさわ1の6」号、「こころ」号、「満天」号の4頭はワクチン注射を受けました。ちょっぴりチクッとしますが、あっという間に終わります。がまん、がまん。

畜産豆知識:鼻紋は人間の指紋に相当するもので、各牛固有のものです。個体識別のために利用され、牛の戸籍簿には顔写真ではなく鼻紋が貼り付けられます。

9ちゃん天へ

2017年7月23日 日曜日

食いしん坊の9ちゃん、やっと起ち上がって食事をとりました。倒れても大怪我をしないように畳を立てかけた部屋で、最後の日々を過ごしました。

 

平成29年7月23日午前9時過ぎ、「9ちゃん」こと「きたこう9の5」号が23年3ヶ月の天寿を全うして逝きました。この2週間ほどで急に弱ってしまい、別れの日が近いことは覚悟できていました。7月24日のA3総合実習の最初に、A3生徒とA科教員で畜魂碑にお参りし、最後のお別れをしました。
9ちゃんは平成6年4月14日生まれ、この新見地域に伝わる伝統技術「牛の碁盤乗り」を新見北高校時代に復活させた牛でした。これまで多くの場所で多くの皆様にその姿を見ていただき、大変多くの拍手喝采をいただきました。本当にありがとうございました。
北校地の玄関に、在りし日の碁盤に乗った9ちゃんの絵が飾られています。機会がありましたら是非ご覧ください。
9ちゃんお疲れ様でした。本当にありがとう。安らかに眠ってください。

ドナドナNO.3

2017年7月18日 火曜日

この牛舎での最後の食事とは知らず、「おいしいよ!」と言うふくちゃん。

出発の時・・・「どこ行くの?」

もう帰ってくることのない後ろ姿。

 

ドナドナNO.3は、先週に続き、母ウシです。名号は「ふくゆき」、平成25年11月生まれです。「雪丸」のお母ちゃんで、離乳が完了し、今日、新見高校の牛舎での役割を終えて、一般市へと出発していきました。早朝、牛舎での最後の給餌とブラッシングをし、ちょっぴり暴れん坊の「ふくゆき」は車の荷台に乗るときにはとっても嫌がり、乗った後は、「どうして? どこ行くの?」という目でこちらを見つめていました。ごめんね・・・。ありがとう!!!

健康の森学園との交流会

2017年7月14日 金曜日

寄せ植え完了

乗馬体験

 

健康の森学園高等部の生徒会メンバーをお招きしての交流会がありました。生物生産科での体験では、4ポットの花苗を選んでの寄せ植え体験と、乗馬体験・牛のブラッシング・ウサギの抱っこという動物とのふれあい体験をしました。楽しんでいただけたでしょうか? また、機会があればお越しください。

ドナドナNO.2

2017年7月11日 火曜日

飼料を食べ終えてのんびり。

ブラッシングしてきれいに。

さあ、出発の時。ありがとう、さようなら。

 

今年度のドナドナNO.2は、仔牛ではなく母ウシです。名号は「ひなあられ」、平成24年1月生まれです。「ひなさわ1の6」のお母ちゃんで、離乳が完了し、今日、新見高校の牛舎での役割を終えて、一般市へと出発していきました。早朝、牛舎での最後の給餌とブラッシングをし、別れを惜しみました。ありがとう、ひなあられ!!!

仔牛誕生NO.2

2017年6月11日 日曜日

こんにちは、仔牛ちゃんです!

我が仔をかわいがるお母さん

 

前回同様今回も、何度も「まちぼうけ」の末、やっと仔牛誕生! 6月4日が分娩予定日だった「あられ2の5」号が、6月11日(日)午後3時半、出産しました。
お母さん牛があまりに大きく体重が増えたので、「もしや双仔?」ととっても期待していたのですが、小さな美人ちゃんが1頭でした。そのかわり超安産。仔牛も超元気。生まれて15分ほどで起ち上がり、1度もこけることなくお母さんの乳頭を探し当て、それなのに30分以上乳頭をうまくくわえることができず、悪戦苦闘の後、おいしそうに初乳を飲みました。初乳を飲んでさらにパワーアップした仔牛ちゃん、お母さんの周りをパタパタと走り回り、やっとおとなしく座ったのは、初めて起ち上がってから1時間半ほど後のことでした・・・。すでに元気すぎるけれど、そのまま元気に育ってね! お転婆は少し控えてね!